メッセージ スタッフ メンバー 研究紹介 実験装置 極限用語集 極限希望の方へ 連絡先

publication list
KOFUC network link

〒657-8501
神戸市灘区六甲台町1-1
神戸大学
分子フォトサイエンス研究センター
TEL : 078 (803) 5654
FAX: 078 (803) 5770

Extreme Lab.
Prof. H. Ohta,
Molecular Photosciece Research Center,
Kobe University


更新履歴 りんく
Extreme wiki
(研究室内専用)

Webmaster



-- We are --
極限物性物理学研究室 では、強磁場・低温・高圧の極限における物性研究を行っています。
  • 強磁場は、55T (550,000ガウス) のパルス強磁場。
  • 低温は、1.8K (摂氏-271.2度) の温度。
  • 高圧は、10Kbar (大気圧の10,000倍) の圧力。
この極限条件下での物質の磁気的性質を調べています。実験手法として、ESR (電子スピン共鳴)、サイクロトロン共鳴、磁化測定、帯磁率測定、磁気抵抗を中心に様々な物性測定を行っています。

What's New !
2017.11.03
D2の岡本翔君、第56回電子スピンサイエンス学会年会 優秀発表賞受賞
D2の岡本翔君が第56回電子スピンサイエンス学会年会において優秀発表賞を受賞しました。

2017.7.12
研究成果が日刊工業新聞に掲載されました!
煖エ英幸助教、大道英二准教授らの研究成果が日刊工業新聞(2017年7月12日第22675号)に掲載されました。
記事詳細はこちら

2017.6.20
岡本翔君、2017 Springer POSTER AWARD 受賞
D2の岡本翔君がAWEST2017において2017 Springer POSTER AWARD を受賞しました。

2017.6.16
研究成果が科学新聞に掲載されました!
煖エ英幸助教、大道英二准教授らの研究成果が科学新聞(2017年6月16日第3634号)に掲載されました。


2017.5.22
極限の論文がJPSJのpapers of editors' choiceに選ばれました!
煖エ英幸助教、大道英二准教授らの論文が、 英文誌"Journal of the Physical Society of Japan"に掲載されるとともに、 Papers of Editors' Choiceに選ばれました。おめでとうございます。
論文タイトルと著者は以下の通りです。
"New Method for Torque Magnetometry Using a Commercially Available Membrane-Type Surface Stress Sensor"
Hideyuki Takahashi, Kento Ishimura, Tsubasa Okamoto, Eiji Ohmichi, and Hitoshi Ohta
論文詳細はこちら


2017.4.3
極限に新しいメンバー!!
4月より新4年生が6名、修士課程1年生に4名新しいメンバーが加わりました。
2017.3.27
極限の研究成果がNANOSENSORSのブログに掲載されました!
大道英二准教授が3月18日の日本物理学会第72回年次大会において発表した研究内容が評価され、 NANOSENSORSのブログに掲載されました。この研究では、AFMのプローブ等を製造・販売するNanoWorldグループの NANOSENSORSが嗅覚センサーとして開発したMSS(Membrane-type Surface Stress Sensor)と強磁場発生装置を組み合わせ、 マイクログラムオーダーの微小な試料の磁気トルク測定に成功しました。
NANOSENSORSブログはこちら
研究内容の詳細はこちら
2017.3.24
平成28年度学位記授与式
3月24日(金)に平成28年度学位記授与式 (卒業式)が行われ、 太田研より学部生7名、修士課程6名が巣立って行きました。これからのご活躍を期待しています!
2017.3.24
三木俊裕君、修士論文審査会、最優秀発表賞受賞
M2の三木俊裕君が平成28年度理学研究科物理学専攻の修士論文審査会において最優秀発表賞を受賞しました。
2017.3.1
極限に新しいメンバー!!!
極限に1名新しいメンバーが加わりました。齋藤佑博士です。
2016.11.18
岡本翔君、日本赤外線学会第26回研究発表会 優秀発表賞受賞
D1の岡本翔君が日本赤外線学会第26回研究発表会において優秀発表賞を受賞しました。

2016.11.11
煖エ英幸助教、第55回電子スピンサイエンス学会年会 優秀発表賞受賞
煖エ英幸助教が第55回電子スピンサイエンス学会年会において優秀発表賞を受賞しました。

2016.5.27
極限に新しいメンバー!!!
極限に1名新しいメンバーが加わりました。ポスドクのKhalif Benzid博士です。
2016.5.27
櫻井敬博助教、第二回日本赤外線学会論文賞受賞
櫻井敬博助教が第二回日本赤外線学会論文賞を受賞しました。論文のタイトルは「SQUID磁束計を用いたミリ波ESR測定装置の開発」です。

2016.4.1
極限に新しいメンバー!!
4月より新4年生が7名、修士課程1年生に5名、博士課程に1名新しいメンバーが加わりました。
2016.3.25
平成27年度学位記授与式
3月25日(水)平成27年度学位記授与式 (卒業式)が行われ、 太田研より学部生6名、修士課程3名が巣立って行きました。これからのご活躍を期待しています!

2016.3.25
岡本翔君、修士論文審査会、最優秀発表賞受賞
M2の岡本翔君が平成27年度理学研究科物理学専攻の修士論文審査会において最優秀発表賞を受賞しました。

2015.12.25
岡本翔君、若手フロンティア研究会 優秀賞受賞
M2の岡本翔君が神戸大学研究基盤センター若手フロンティア研究会において優秀賞を受賞しました。

2015.11.3
太田仁教授、電子スピンサイエンス学会 学会賞受賞
太田仁教授が電子スピンサイエンス学会において学会賞を受賞しました。電子スピンサイエンス学会の学会賞は電子スピンサイエンスに関する研究成果が特に優れ、電子スピンサイエンス学会を代表する方に送られる名誉ある賞です。受賞理由は、長年の多重極限下の多周波数電子スピン共鳴法の開発とその多岐に渡る応用に対して送られました。
過去の電子スピンサイエンス学会の学会賞受賞者は電子スピンサイエンス学会の歴代受賞者ページにあります。


2015.10.31
北原遥子さん、サイエンスフロンティア研究発表会 優秀発表賞受賞
M2の北原遥子さんが理学部ホームカミングデー サイエンスフロンティア研究発表会において優秀発表賞を受賞しました。

2015.10.23
北原遥子さん、日本赤外線学会第25回研究発表会 優秀発表賞受賞
M2の北原遥子さんが日本赤外線学会第25回研究発表会において優秀発表賞を受賞しました。

2015.9.1
岡本翔君、FTT2015 STUDENT BEST PRESENTATION AWARD 受賞
M2の岡本翔君がFTT2015において STUDENT BEST PRESENTATION AWARD を受賞しました。

2015.6.16
岡本翔君、IES POSTER AWARD 受賞
M2の岡本翔君がAWEST2015においてIES POSTER AWARD を受賞しました。

2015.4.1
極限に新しいメンバー!!
4月より新4年生が6名、修士課程1年生に5名、助教に1名新しいメンバーが加わりました。

これまでのお知らせ